/

稲田防衛相、繕えぬ答弁 個人献金も認める

稲田朋美防衛相は14日の衆院本会議で、学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪地裁に起こした2004年12月の民事裁判に原告側の代理人弁護士として出廷していた事実を認めた。裁判への関与を全面否定した13日の参院予算委員会での答弁を「記憶に基づくものだ。訂正し、おわびする」と撤回し陳謝した。

13日の参院予算委での答弁を訂正、謝罪する稲田防衛相(14日午後、衆院本会議)

野党4党は「明確な虚偽答弁だ」と指摘し、国会軽視として強く反発。14日の与野党国会対策委員長会談で稲田氏の辞任を要求した。安倍晋三首相は14日の衆院本会議で「しっかり説明責任を果たし今後とも誠実に職務に当たってもらいたい」と答弁し、野党側の辞任要求を拒否した。

14日の参院予算委で、民進党の風間直樹氏は学園の理事長退任を表明した籠池泰典氏と夫人が07年にそれぞれ稲田氏側に個人献金をしていたと指摘。稲田氏は「指摘されるのであれば、そうではないか」と述べ、献金受領を事実上認めた。

稲田氏は07年に大阪で開いた政治資金パーティーについても「籠池夫妻が来ていた記憶がある。パーティー券を買ったと推測する」と説明。衆院本会議では、弁護士の夫が04~09年、籠池氏と顧問契約を締結していたほか、学園の訴訟の第1回口頭弁論に関し「(弁護士の)夫の代わりに出廷したと確認できた」と述べた。13日の参院予算委では「籠池氏から法律相談を受けたこともなければ実際に裁判も行ったこともない」と全面否定していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン