/

この記事は会員限定です

米当局ソフト悪用か 週明け、国内被害表面化も

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】12日に世界を襲った大規模なサイバー攻撃では、パソコンを感染させ、復旧と引き換えに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」が使われた。米メディアによると、米国家安全保障局(NSA)から流出したソフトの改良版による攻撃が疑われる。日本でも企業などの活動が本格化する週明けに被害が表面化する恐れがある。

「国際的な攻撃だ」。病院のシステムが停止し、手術が受けられないなどの実害が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン