幻の大型M&A急増 破談・撤回、6年ぶり高水準

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2014/8/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=黄田和宏】世界の企業による大型M&A(合併・買収)で破談や買収提案の撤回が相次いでいる。米メディア大手の21世紀フォックスが同業のタイムワーナーの買収を断念するなど、今年の「幻のM&A」は金額で6年ぶりの高水準。敵対的買収が増えて交渉を難しくしているほか、最近の株式相場の調整が経営者心理に影響し始めている。

調査会社ディールロジックによると、2014年に破談となった買収案件の金額は直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]