/

この記事は会員限定です

三井住友信託が新型外貨建て年金 保険料を分割払い

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は、保険料を払い込む回数を増やした新たな「外貨建て変額年金」の取り扱いを始める。金利低下で円建て年金保険の魅力が薄れており、外貨建て保険の人気が高まっていることに対応する。中長期での資産形成をにらんだ積み立てタイプの保険として、浸透を目指す。

まとまった保険料を一度におさめる従来型と異なり、保険料の払い込み回数を5回と10回の2種類から選べるようにした。保険料を複数回支払うタイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン