/

ツイッター、NFL関連番組のネット放映権を獲得

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ツイッターは11日、全米プロフットボールリーグ(NFL)について、試合後のハイライトや試合前の映像などで複数年のネット放映権を獲得したと発表した。NFLの試合そのもののネット中継権は今年、米アマゾン・ドット・コムがツイッターから奪取したが、関連番組の放映権を確保して挽回した。

ツイッターは2013年から、米国で人気の高いNFLの独自コンテンツを配信し広告と組み合わせてきた。昨シーズンは一部の試合でネット中継権を獲得し、若年層の獲得で成果を上げた。今シーズンは中継権を取得できなかったが、関連番組の配信というコストを抑えた形でNFLを活用する道を見いだした。

放映するのは週5日ある1回30分の生番組、NFLの関連情報、試合前の映像など。

同社は今月、米大リーグ機構(MLB)とも野球の情報番組などのネット配信で提携すると発表していた。米メディアのブルームバーグとニュース動画のネット配信で提携するなど「ネット放送局」を目指す方向性を明確にしつつある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン