国内ワイン出荷9年ぶり減少 16年、チリ産人気が一服

2017/8/12 12:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワイン大手メルシャンがまとめた調査によると、国産と輸入を合わせた2016年の国内ワイン出荷量が9年ぶりに減った。低価格のチリ産ワインの普及を追い風にブームが続いてきたが、価格競争の激化で質が低下し消費者が離れたとの指摘もある。飲料業界は欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)で関税が即時撤廃される欧州産に期待をかける。

国内で製造したワインの出荷量と輸入ワインの通関実績の合計は16年に36万4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]