英総選挙、保守党内にメイ首相の責任問う声

2017/6/10 23:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=小滝麻理子】8日の総選挙で過半数割れに陥ったメイ首相の責任を問う声が保守党でくすぶっている。当面は北アイルランドの民主統一党(DUP)との連携協議の注力で党内は一致するが、欧州連合(EU)の離脱交渉など今後の情勢次第で、"メイ降ろし"の声が浮上しかねない。

前中小ビジネス担当相で保守党のスーブリー議員は「メイ氏は明らかに今後の進退を考えなければならない」と話し、メイ氏の続投に疑問を呈…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]