2018年8月22日(水)

シェア経済、ようやく前進 民泊法が成立

2017/6/9 23:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 住宅に旅行者を有料で泊める民泊を解禁する法律が9日に成立し、日本でも「シェアリングエコノミー」の仕組みづくりがようやく前進する。民泊仲介で最大手の米エアビーアンドビーの国内の利用者は5月末までの1年間で500万人に上り、これから合法的な登録物件が増える見通しだ。民間予測ではシェア経済は2020年度に600億円市場に成長する。次はライドシェア(相乗り)の解禁が焦点になる。

 住宅宿泊事業法(民泊法)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報