/

この記事は会員限定です

接待消費、じわり復活 「ビジネスに必要」税が演出

[有料会員限定]

企業が接待や取引先との懇親、贈答などに使う交際費が増えている。空前の好景気を演出したバブル期のような派手さはもとよりないが、税制改正と景気回復が相乗効果を生んだ。働き方改革の一環で仕事の話をするワーキングランチが広がるなどスタイルも様々。平成流社用族の需要は、停滞する消費の活性剤になれるだろうか。

東京都中央区の老舗割烹(かっぽう)「日本橋ゆかり」。夕方に打ち合わせを終えた中堅IT(情報技術)企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン