「米国第一」G20翻弄 密室会合、成果見えず

2017/7/8 20:46
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ハンブルク=川合智之】トランプ米大統領が20カ国・地域(G20)首脳会議で異質な存在感を放った。貿易や地球温暖化で独自の主張を貫き、周囲の説得にはほとんど耳を貸さない。多国間で一致点を見いだす国際会議への関心は薄く、代わりに個別の首脳会談を重んじる。個別交渉で不動産業界を渡り歩いてきたトランプ氏ならではとも言えるが、米国が主軸を担ってきた首脳会議や国際枠組みの多くは漂流の危機にさらされる。

 今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報