/

サンタンデール、スペイン大手銀を救済 1ユーロで買収

【パリ=白石透冴】スペイン最大手銀サンタンデールが、経営危機にある大手銀行のバンコ・ポピュラール・エスパニョールを買収して救済することが決まった。ユーロ圏の銀行破綻処理を担う単一破綻処理委員会(SRB)が7日、明らかにした。欧州では不良債権を抱えるなどして低迷する金融機関の立て直しが進んでいる。

欧州中央銀行(ECB)が6日にポピュラールのストレステスト(健全性審査)を実施した結果、資金繰りに問題があり「経営破綻の可能性がある」と判断した。

ポピュラールは仏AFP通信によるとスペイン7位の銀行。不動産開発業者向けなどの不良債権が積み上がっていた。企業融資や住宅ローンの収益も限定的で、増資を繰り返したが経営改善に至らなかった。

買収額は1ユーロで、公的資金の注入は計画されていない。預金は保護され、ポピュラールがスペインとポルトガルに持つ拠点も営業を続ける。SRBとスペイン政府が破綻処理の枠組みを決めた。買収は7日付。サンタンデールは約70億ユーロ(約8600億円)を増資で調達し、ポピュラールの不良債権処理などに充てる。

欧州の一部の金融機関は債務危機以降の不良債権処理や低金利で業績が低迷した。対応が進んでおり、欧州委員会は今月1日、多額の不良債権を抱えるイタリアの国内銀行3位のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)が公的支援を受けることで伊政府と大筋合意したと発表している。

SRBは欧州債務危機などを受けて2015年に発足。問題のある銀行を抱える国の金融当局で構成する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン