2018年9月23日(日)

FX異常取引をAIで監視 金融取、富士通と共同研究

2017/3/9 21:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京金融取引所は人工知能(AI)を使って外国為替証拠金(FX)取引の異常や不正を検知する仕組みづくりに向け、富士通と共同研究を始める。金融取のFX取引の情報を富士通のAIに学習させ、異常な取引を迅速に見つけられるようにする。監視業務に携わる人員の効率配置につなげる狙いもある。6月をめどに有効性を判断し、早ければ2019年ごろの実用化を目指す。

 実現すれば取引の異常や不正を摘発しやすくなり、FX取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報