2018年8月18日(土)

住友生命、議決権行使結果を個別開示 大手生保で初

2017/9/5 19:11
保存
共有
印刷
その他

 住友生命保険は5日、大手生保で初めて株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果を公表した。会社提案の7002議案のうち、138議案に反対。反対比率は2%だった。生保ではT&Dホールディングス傘下の大同生命保険と太陽生命保険がすでに結果を開示。第一生命保険も早ければ月内にも公表する予定だ。

 住友生命の投資先のうち2043社を対象に、議決権行使結果を開示した。棄権した4社を除く129社の提案に反対し、企業数ベースでの反対比率は6.3%だった。反対内容は取締役選任に関する議案が最も多く(65議案)、退職慰労金の支給(35議案)がこれに続いた。東芝や、子会社で不適切会計が発覚した富士フイルムホールディングスなどの議案にはいずれも賛成した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報