2017年12月18日(月)

ボルボ、全車種をEV・ハイブリッドに 19年から

2017/7/5 13:53
保存
共有
印刷
その他

 【フランクフルト=深尾幸生】スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーは5日、2019年以降に発売するすべての車種を電気自動車(EV)やハイブリッド車などの電動車にすると発表した。ホーカン・サムエルソン最高経営責任者(CEO)は声明で「単純な(ガソリンやディーゼルなどの)内燃機関の終わりを意味する」と述べた。自動車大手が進めるEVシフトの先陣を切った格好だ。

ボルボ・カーのプラグインハイブリッド車(PHV)

ボルボ・カーのプラグインハイブリッド車(PHV)

 ボルボ・カーは25年までに電動車両を100万台販売する計画。エンジンを搭載しない純粋なEVは19~21年に5車種を発売する。EVに加えて家庭などでも充電が可能なプラグインハイブリッド車(PHV)やバッテリーとモーターを補助に使う「マイルドハイブリッド車」と呼ばれるタイプの車両ですべての品ぞろえを構成することになる。

 ボルボ・カーは6月、傘下の高性能車部門「ポールスター」を新たにEV専用ブランドとして立ち上げると発表。ポールスターのEVも21年までに投入する5車種に含まれる。

 独フォルクスワーゲン(VW)など欧州自動車大手はEVシフトを進める。ディーゼルエンジンなど既存の内燃機関向けの雇用は大きいため、少しずつ移行していく必要がある。一方でEV専業の米テスラは販売を伸ばしており、ボルボ・カーはこうした動きをとらえ、大胆に方向転換をしたとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報