2019年7月22日(月)

1兆円超のファンド続々 KKRなど、M&Aで存在感

2017/6/6 0:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=山下晃】世界の企業買収ファンドが相次いで過去最大規模の資金を調達している。米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)や英CVCキャピタルパートナーズなどが100億ドル(1兆1000億円)超の資金を集めた。運用難に悩む機関投資家が高利回りを求めて資金をシフトしているためだ。巨額の資金を裏づけに積極的に企業買収を仕掛けるファンド勢がM&A(合併・買収)市場で存在感を増してきた。

欧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。