/

三井住友FG、独現法設立を発表

三井住友フィナンシャルグループは3日、ドイツのフランクフルトに銀行と証券会社の現地法人を設立すると発表した。欧州連合(EU)全域で営業ができる「単一パスポート」の免許をドイツで改めて申請する。現在は英国・ロンドンの現地法人が免許を取得しているが、英国がEUから離脱すると効力を失う可能性が高いためだ。

傘下の三井住友銀行とSMBC日興証券が2019年3月の設立を予定している。あわせて三井住友銀は年内にロンドン支店も開設する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン