/

この記事は会員限定です

マイナンバー、時間との闘い 中小・地方で対応遅れ

改正法成立、1カ月後に番号配布

[有料会員限定]

日本に住むすべての人に割り当てる税と社会保障の共通番号(マイナンバー)の配布が1カ月後に迫った。番号の利用範囲を広げる改正法が3日成立。2016年以降は税や社会保障の手続きに番号が必要になる。ただ企業の対応には遅れも目立ち、番号が全国民にきちんと届くのか不安も残る。政府は行政手続きの簡素化など利点を強調するが、準備は時間との闘いになっている。

マイナンバーは国内に住所がある人に割り当てる12桁の番...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン