/

ロンドン株29日 小幅続落 ロールス・ロイスが大幅安

【NQNロンドン】29日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小幅ながら4日続落した。前日の終値に比べ1.05ポイント安の5581.75と、前日終値からわずかに下げた。構成銘柄の半数以上は下落した。

朝方は英蘭石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルなど決算を発表した銘柄が買われ上昇していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念が根強く、不安定な値動きだった。航空機エンジンのロールス・ロイスが大幅に下落し相場の重荷になった。同社はアナリストが2021年の目標株価を引き下げたことが売り材料視され14%超下げた。スタンダードチャータード銀行も第3四半期決算が振るわず下げが目立った。医薬品株も売られた。

ロイヤル・ダッチ・シェルは高かった。29日に発表した2020年7~9月期の決算は純利益が前年同期比で減益となったが、黒字は確保し四半期配当金の引き上げも好感され上昇した。銀行のロイズ・バンキング・グループと通信のBTグループも決算発表を材料に買いが優勢だった。ブックメーカー(賭け屋)のフラッター・エンターテインメントは大幅高だった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン