2019年3月23日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,627.34 +18.42
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,340 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

3月22日(金)14:20

第一生命 虎ノ門の新ビルに600億円投資[映像あり]

日本郵便 郵便局の敷地で「レベル4」の自動運転

3月22日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株19日 反発 割安銘柄にも買い

2018/12/20 2:00
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】19日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は5営業日ぶりに反発した。前日18日の終値に比べ64.35ポイント高の6765.94で引けた。構成銘柄の約8割が上昇した。

医薬品のグラクソ・スミスクライン(GSK)の急伸が株価指数をけん引し、反発して始まった。下落基調が続いていたこともあり、値ごろ感に着目した買いが入ったことも奏功した。

GSKは3%超高となり、指数の上げを主導した。午前は7%高で推移していた。同日朝方に米ファイザーと一般用医薬品(大衆薬)事業を統合することで合意し、統合後、数年以内に医療用医薬品・ワクチンと大衆薬の2社体制を築く計画を発表した。企業再編による売り上げ効果を期待した買いが膨らんだ。同業のシャイアーも連れ高した。

割安感から前日、大幅に下落した電力・ガス供給ナショナル・グリッドや、石油株は買い戻された。石油株は原油相場の急上昇とともに上げ幅を広げ、全面高で引けた。金属相場も上昇したことから鉱業株も軒並み上げた。IT関連株も買われた。

半面、小売りのキングフィッシャーなど消費関連株の一角が下落した。郵便大手のロイヤル・メールは、米物流のフェデックスの下落を嫌気した売りで下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム