2019年5月19日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,250.09 +187.11
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,270 +220

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株19日 7日続伸 5カ月半ぶり高値 資源株高い

2019/3/20 1:56
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】19日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は7日続伸した。前日の終値に比べ24.81ポイント高の7324.0と、2018年10月上旬以来、5カ月半ぶりの高値で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。資源株の値上がりが株価指数を押し上げた。

金と銅の相場上昇を受けて鉱業関連株が買われ、資源商社のグレンコアの値上がりが目立った。鉱業のアントファガスタは、通期の利益は減少したものの、予想を上回る配当性向が好感され、買われた。ネット専業スーパーのオカド・グループは5%超上がった。第1四半期の小売売上高が2桁の伸びを示したことが買い材料となった。

スーパーマーケットのセインズベリーも上昇。同業のアズダとの経営統合をめぐり、英競争当局から先月に統合阻止か多数の店舗売却の必要性を指摘されたことに対応し、両社は19日に年10億ポンド相当の価格の引き下げを公約した。

情報・出版のインフォーマと医薬品のヒクマ・ファーマシューティカルズはそれぞれ、アナリストによる投資判断引き上げが好感され、買われた。たばこ株の上げも目立った。

半面、ロシアの鉄鋼大手エブラズは4%近く下がった。ロシアの大株主による売却が響いた。出版のRELXも売られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム