最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株9日 反落 多国籍企業に売り ポンド高が重荷

2019/9/10 1:13
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】9日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反落した。前週末の終値に比べ46.53ポイント安の7235.81で引けた。 買いが先行して始まったが、外国為替相場でのポンド高を背景に徐々に下げ幅を広げ、下落に転じた。鉱業株の一角が売りに転じたことも重荷になった。多国籍企業銘柄を中心に構成銘柄の7割近くが下落した。

ポンド高が収益を圧迫するとの見方から海外の収益率が大きい銘柄への売りが目立った。医薬品株やたばこ株のほか、飲料のコカ・コーラ・ヘレニック・ボトリング、酒類のディアジオ、食品・日用品のユニリーバなどの多国籍企業が軒並み下落した。ソフトウエア関連株も売りに押された。衣料小売りと食品事業のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズは、主力部門の激安衣料チェーン「プライマーク」の2019~20年の業績が低下するとの見通しを示したことが響き下げた。鉱業株のBHPグループとリオ・ティントは売りに転じた。

金融株は欧州の長期金利上昇を背景に、利ざや拡大を意識した買いが入り軒並み上昇した。なかでも保険のアヴィヴァや銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が高かった。原油高を追い風に石油株も上げた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム