2018年7月20日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.88 -66.80
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,700 -90

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株9日 最高値更新、反発、34.51ポイント高

2018/1/10 1:51
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】9日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日8日の終値に比べ34.51ポイント高の7731.02と、5日に付けた最高値を更新した。構成銘柄の約7割が上昇した。

 鉱業株の上げに加え、銀行株が午後から上げ幅を拡大し指数を押し上げた。石油株も午後に上昇に転じたことも指数を支えた。朝方から買いが先行し日中を通して高値圏で推移した。

 鉱業のアングロ・アメリカンが3%高と目立った。銀行のバークレイズとHSBCホールディングスの上げも大きかった。

 スーパーマーケットのWMモリソン・スーパーマーケッツも堅調だった。クリスマス時期の売上高が市場予想を上回ったことが買い材料となった。同業のセインズベリーと小売りのマークス・アンド・スペンサー(M&S)も上がった。

 前日に大幅下落したソフトウエア開発のマイクロフォーカスは買い戻された。アナリストが投資判断を引き上げたクルーズ運航のカーニバルの上げも目立った。

 半面、公益企業株が軒並み売られた。水道のセバーン・トレントと総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズ・グループはともに3%超下落した。2017年の増収を発表した住宅建設のパーシモンも売られた。ネット食品デリバリーのジャスト・イートも安くなった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム