11/18 15:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,416.76 +113.44
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,390 +50

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株28日 続落 33.23ポイント安で終了

2017/4/29 0:52
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】28日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落。前日終値に比べ33.23ポイント安の7203.94で引けた。構成銘柄の約6割が下落した。英国の3連休を控えて取引を手じまう動きが優勢だった。バークレイズ株の大幅下落も指数の重荷になった。一方で金属相場の上昇を受けて鉱業株が買い戻された。

銀行のバークレイズが5%安となり、指数の下げを主導した。四半期決算は増益となったものの、投資銀行部門が振るわず市場の期待に届かなかったことが売り材料視されたという。スタンダードチャータード銀行も連れ安した。ディフェンシブ銘柄とされる医薬品株、たばこ株、公益事業株には手じまい売りが出た。英住宅価格が下落基調にあることから住宅建設株も下落した。個別銘柄では医療のメディクリニック・インターナショナルと郵便大手のロイヤル・メールが安かった。

半面、金属相場の上昇を受けて鉱業株は全面高で引けた。なかでも、アントファガスタやアングロ・アメリカンが高かった。四半期の増益決算を好感してロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)も高く引けた。WMモリソン・スーパーマーケッツの上げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム