最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株26日 反発 42.11ポイント高で終了 エブラズが大幅高 ディフェンシブ銘柄に買い

2018/4/27 1:31
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】26日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発。前日25日の終値に比べ42.11ポイント高の7421.43で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。引けにかけて上げ幅を広げ、この日の高値水準で引けた。ディフェンシブ銘柄が買われた。なかでも時価総額の大きいたばこ株と医薬品株が上昇し、指数を押し上げた。午後に入り、ロシアの鉄鋼大手エブラズと自動車部品のGKNを買収した投資会社のメルローズ・インダストリーズに買いが膨らんだことも奏功した。鉱業株の一角が買い戻された。一方で配当の権利落ちとなった銘柄への売りがかさんだ。

エブラズは6%超高となり、指数の上げを主導した。メルローズ・インダストリーズも4%超高で引けた。

景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄のたばこ株、薬品株がともに全面高で引けた。武田薬品工業が買収をめざすシャイアーは、好決算を発表したことも買い材料視された。ユナイテッド・ユーティリティーズや水道のセバーン・トレントなど公益事業株も高く引けた。

アナリストが目標株価を引き上げた特殊化学のクローダ・インターナショナルも上げた。午前は全面安で推移した鉱業株のBHPビリトンやリオ・ティントなどが買いに転じて引けた。

半面、保険のリーガル・アンド・ゼネラル(L&G)、金鉱のフレスニージョ、資源商社のグレンコアが安くなった。いずれも配当の権利落ちが売り手がかりになった。

銀行株は全面安で引けた。バークレイズは日中に一時買われる場面もあったが、結局売られた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム