2019年2月20日(水)

2/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー再び「緩和モード」 新興国債などに流入加速[有料会員限定]
  2. 2位: ファナック、「ない袖は振れぬ」発言の真意は[有料会員限定]
  3. 3位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  4. 4位: それでもカリスマ 革新けん引「賞味期限」見極めを[有料会員限定]
  5. 5位: 縮んでいく株式市場 気になる自社株買いの後[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,302.65 +20.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 ±0

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株6日 2年ぶり安値 米中摩擦懸念で

2018/12/7 2:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】6日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続落した。前日の終値に比べ217.79ポイント(3.15%)安の6704.05と、終値ベースで2016年11月上旬以来、2年1カ月ぶりの安値で引けた。3銘柄を除くすべての銘柄が下落した。日中を通して下げ幅が徐々に広がった。

カナダ当局が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の幹部を逮捕したとの報道を受けて、米中貿易摩擦に対する警戒感が再燃し、欧州各国の株式相場で売りが広がった。原油安を背景に石油株が売られ、株価指数の下げに大きく寄与した。

英国では広い範囲で売られ、個別では5%を超える下落が相次いだ。鉱業のアントファガスタは7%、保険のプルーデンシャルは6%超、それぞれ値下がりした。上期決算を発表した包装のDSスミスも大幅安だった。アナリストが株価目標を引き下げた外食デリバリーサービスのジャスト・イートも売られた。

値上がりしたのは、金価格の上昇を背景とした関連のランドゴールド・リソーシズとフレスニージョに加え、水道のセバーン・トレントの3銘柄だけだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム