/

ロンドン株26日 続落 銀行、石油など主力株が下落

【NQNロンドン】26日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落した。前日の終値に比べ28.16ポイント(0.4%)安の6362.93で引けた。構成銘柄の約6割が下落した。

米国市場が感謝祭の祝日で休場となり取引は低調だった。朝方から主力の金融株と資源株が売られ、相場の重荷になった。

銀行株と保険株はそれぞれ全銘柄が下落した。新型コロナウイルスによる長期の景気後退の懸念が改めて意識された。原油相場が大幅安となり石油株は売られた。鉱業株にも売りが広がった。たばこのインペリアル・ブランズと住宅建設のパーシモンの下げが目立った。

ブックメーカー(賭け屋)のフラッター・エンターテインメントは高く推移した。ギャンブル事業のGVCホールディングスも連れ高した。アナリストが投資判断を引き上げたビジネスサポートのDCCも上げた。ロシア金銀生産大手のポリメタル・インターナショナルなど金関連株にも買いが入った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン