/

ロンドン株25日 反発 ギャンブルのGVC急伸 医薬品株も高い

【NQNロンドン】25日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日の終値に比べ19.89ポイント(0.3%)高の5842.67で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。

新型コロナウイルスの感染再拡大と規制の強化で経済回復が遅れるとの見方から一時は下げに転じる場面もあったが、引けにかけて買い戻された。ギャンブル関連株と医薬品株の上昇が株価指数を押し上げた。

ギャンブル事業のGVCホールディングスは午後に急速に買い圧力が強まり、16%急伸した。ブックメーカー(賭け屋)のフラッター・エンターテイメントも7%近く上げた。同業の英ウィリアム・ヒルに対し、米投資会社などが買収提案したことが買い材料となったようだ。セキュリティー対策ソフト大手のアバストも大幅高だった。

リオ・ティントなど鉱業株とスタンダードチャータード銀行など銀行株は売られ、株価指数の上値を抑えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン