最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株15日 3日ぶり反発 資源と金融株が高い

2019/11/16 2:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】15日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日ぶりに反発した。前日の終値に比べ10.18ポイント高の7302.94で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。

米高官の発言報道を受けて米中貿易協議が進展すると期待され、欧州各国株式相場とともに買いが広がった。ただ、日中には下落に転じる場面もあった。資源と金融株の上昇が株価指数を押し上げた。

アナリストが投資判断と株価目標を引き上げたレジャー・外食のウィットブレッドは5%近く上昇した。鉱業のアントファガスタもアナリストによる株価目標引き上げが好感され、買われた。

たばこ株は売られた。通信のBTグループも安くなった。英野党・労働党が、総選挙で勝利した場合、BTの一部ネットワークを国有化し、高速のフルファイバー・ブロードバンドを無料で提供する方針を示したことが材料視された。携帯電話サービスのボーダフォン・グループの下げも目立った。飲料のコカ・コーラ・ヘレニック・ボトリングは、過去2日間に大幅上昇した反動で、この日は売られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム