2019年6月25日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,193.81 -92.18
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,080 -150

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株15日 3日ぶりに反発 中国の景気対策に期待

2019/1/16 2:24
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】15日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反発した。前日の終値に比べ40.0ポイント高の6895.02で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。英議会で15日夜に欧州連合(EU)離脱案が採決される予定だが、相場に与える影響は限られた。

中国当局が景気の下支え策を講じるとの期待から、欧州各国の株式相場とともに朝方から買いが広がった。一時伸び悩む場面もあったが、午後に米国株が上昇すると英国も上げ幅が再び広がった。中国との関連が強い資源株が買われ、株価指数の上昇に寄与した。

原油と銅の価格上昇も追い風となり、資源株が上がった。午前は下落していた医薬品株は午後に上昇に転じた。航空・防衛のBAEシステムズは、アナリストによる投資評価の引き上げが好感され買われた。航空機エンジンのロールス・ロイスの値上がりも目立った。

半面、バラット・ディベロップメンツなど住宅建設株は売られた。ギャンブル事業のGVCホールディングスの値下がりが大きくなった。米司法省がオンラインのギャンブルに対して規制を強化する可能性を示唆したことが響いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム