最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,424.81 +32.95
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,470 +100

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株4日 反発 英離脱延期を期待 資源株高い

2019/9/5 0:55
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】4日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日の終値に比べ43.07ポイント高の7311.26で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。ただ、午後には伸び悩んだ。

英議会下院は3日、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を防ぐための離脱延期を政府に義務付ける法案を審議する動議を可決し、4日にも採決することになった。これを受けて、離脱延期が期待され買いが広がった。資源と金融株の値上がりが株価指数を押し上げた。

原油と銅の価格上昇を背景に資源株が買われ、なかでも鉱業のアントファガスタの上昇が目立った。香港政府のトップが4日、「逃亡犯条例」改正案を撤回すると表明したことから、アジア関連株中心に金融株も買われた。アジア関連の保険のプルーデンシャルは3%超、スタンダードチャータード銀行も約3%、それぞれ上がった。

半面、住宅建設のバラット・ディベロップメンツは3%超下落した。2019年の通期決算で税引き前利益が増加したものの、2020年の業績が目標の下限になるとの見通しを示したことが嫌気された。アナリストが株価目標を引き下げたソフトウエア開発のマイクロフォーカスも下がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム