最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,083.51 +42.25
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,080 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株4日 5日ぶり反発 米中協議の進展期待で

2019/12/5 2:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】4日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は5営業日ぶりに反発した。前日の終値に比べ29.74ポイント高の7188.50で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。

米中は貿易協議の第1段階において制裁関税の一部撤回で合意に近づいていると伝わり、朝方に上昇に転じた。その後は高値圏で推移した。金融と資源株の上昇が株価指数を押し上げた。

原油と銅の相場高を背景に資源株が堅調だった。ロシアの鉄鋼大手エブラズは大幅高。過去2日間で大幅安となったネット専業スーパーのオカド・グループはこの日買い戻された。住宅建設株も上昇し、アナリストが株価目標を引き上げたバラット・ディベロップメンツの上げが目立った。

金価格が下落したことから、関連のフレスニージョは6%超下がった。投資関連のM&Gも下落した。英国の欧州連合(EU)離脱の先行き不透明感により解約請求が相次いだことから、一部ファンドの取引を停止したことが嫌気された。経営幹部の人事異動を発表したWMモリソン・スーパーマーケッツも売られた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム