最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株14日 続落 石油と医薬品株が安い

2019/11/15 1:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】14日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落した。前日の終値に比べ58.45ポイント安の7292.76で引けた。構成銘柄の約7割が下落した。日中を通して安値圏で推移した。

14日に発表された中国とドイツの経済指標が総じて低調だったことから世界景気の減速が懸念され、売りが先行した。石油と医薬品株の下落が株価指数の下げに大きく影響した。

配当権利落ちで医薬品のグラクソ・スミスクラインと石油のロイヤル・ダッチ・シェルの下落が目立った。上期の業績を発表したベンチャー・キャピタルの3iグループは4%超下がった。ビジネスサポートのDCCも、アナリストが投資判断と株価目標をともに引き下げたことで3%超下落した。

13日に大幅上昇した飲料のコカ・コーラ・ヘレニック・ボトリングはこの日も買われた。ファッションのバーバリー・グループは、デモの影響で香港の業績は低迷したものの、第2四半期の売上高が増加したことが好感され3%超上がった。保険のヒスコックスの上げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム