/

ロンドン株24日 大幅反発 BPとロールス・ロイス急伸

【NQNロンドン】24日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は大幅に反発した。前日の終値に比べ98.33ポイント(1.6%)高の6432.17で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。

新型コロナウイルスワクチンの早期普及による経済正常化への期待を追い風に、朝方から高値で推移した。午後に米国株式相場が大幅高となり、英国市場も引けにかけて上げ幅を拡大した。トランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領への政権移行業務を容認したとの報道も、投資家心理の改善につながった。

景気動向に敏感な主力の石油株、鉱業株、銀行株が上昇し、指数の上げをけん引した。原油相場の大幅高を受けて石油のBPは8%高と急伸した。コロナによる行動制限が緩和されるとの見方から航空株や旅行・レジャー関連株も軒並み高くなった。航空機エンジンのロールス・ロイスは8%高で引けた。上げ幅は一時10%を超えた。金相場の下落を受けて関連のフレスニージョは売られた。コロナ下の巣ごもり需要で好調だったスポーツ関連小売りのJDスポーツ・ファッションやネット専業スーパーのオカド・グループなどの下げが目立った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン