2019年2月19日(火)

2/19 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,297.38 +15.53
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,280 -20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株23日 小幅続落 資源株が大幅安

2018/11/24 1:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】23日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小幅に続落した。前日の終値に比べ7.46ポイント安の6952.86で引けた。構成銘柄の約8割が上昇した。上がって始まったものの、午後に下げに転じた。その後は米国株の下げ渋りに連動した。

25日の緊急の欧州連合(EU)首脳会議で英国のEU離脱協定案について、正式に合意されると期待されている。ただ、英領ジブラルタルをめぐる問題が浮上し、先行きはなお不透明だ。原油相場の大幅な下落を背景に時価総額の大きい石油株も売られ、株価指数の下げに寄与した。

金属価格の下落で鉱業関連株も軒並み大幅安となり、フレスニージョは約7%下がった。エネルギー関連サービスのウッド・グループも約6%下落した。アナリストが株価目標を引き下げたガス供給・販売のセントリカも大幅安だった。

半面、英国のEU離脱協定案をめぐる懸念からポンドが売られ、通貨安で恩恵を受ける多国籍企業銘柄は買われた。医薬品株とたばこ株、銀行株の上昇が目立った。ネット専業スーパーのオカド・グループも6%近く上がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム