最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,545.74 +338.53
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,560 +360

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株13日 続伸 内需株上昇 ポンド高追い風

2019/9/14 1:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は4日続伸した。前日の終値に比べ22.79ポイント高の7367.46と、8月上旬以来、約1カ月半ぶりの高値水準で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。

午前は外国為替相場でのポンド高を背景に、海外での収益率が大きい多国籍企業を中心に売りが先行していた。午後に入り、米株高や内需関連株に買いが広がり上昇に転じた。

ポンド高を追い風に金融株や不動産関連株、小売株などの内需関連株が軒並み上昇した。なかでも住宅建設のバラット・ディベロップメンツや銀行のバークレイズ、ロイズ・バンキング・グループが大幅高で引けた。銀行株には欧州の長期金利上昇を受け、利ざや改善を意識した買いも入った。マークス・アンド・スペンサー(M&S)やスーパーマーケットなど小売株も買いが優勢だった。銅相場が大幅上昇したことで主力の鉱業株は買いが膨らんだ。香港取引所による買収提案を拒否すると発表したロンドン証券取引所(LSE)グループも上げた。

半面、ポンド高が収益を圧迫するとの見方からたばこ株や医薬品株、飲料のコカ・コーラ・ヘレニック・ボトリング、酒類大手のディアジオなど多国籍企業銘柄が下落した。金相場安を受けて関連のフレスニージョも売られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム