10/15 8:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,798.87 +246.89
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株13日 反発 米の対中関税一部延期発表で

2019/8/14 1:26
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反発した。前日の終値に比べ24.18ポイント高の7250.90で引けた。上昇・下落銘柄数はほぼ拮抗した。

午後に米国株式相場が急反発したことを受けて、英国株も買いに転じた。午前は米中対立の長期化や香港のデモ拡大への警戒感から売りが先行していた。14時すぎに米通商代表部(USTR)が、9月に発動予定の中国製品に対する追加関税「第4弾」で、携帯電話などの一部品目の発動を延期すると発表した。米中貿易摩擦に対する懸念が後退し、米欧株は上昇した。特に通商政策に敏感な資源株や金融株に買いが広がった。

原油と銅相場の大幅上昇を受けて、主力の石油株と鉱業株が買われた。それぞれ全銘柄が上昇するなか、資源商社のグレンコアやアングロ・アメリカンの上げが目立った。売りに押されていた保険株と銀行株も軒並み買い戻され、上昇して引けた。

半面、午後に入り、マークス・アンド・スペンサー(M&S)やスーパーマーケット銘柄など小売株への売りが目立った。自動車売買ウェブサイトのオート・トレーダー・グループが安かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム