2018年9月26日(水)

9/26 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  5. 5位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株13日 続落 75.98ポイント安で終了 石油株などが売りに転じる

2018/3/14 2:08
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落。前日12日の終値に比べ75.98ポイント(1.05%)安の7138.78で引けた。

 低調な取引が続く中、午前は前日終値付近でもみ合った後、午後に入り、売り圧力が加速した。午前は買いが先行していた鉱業株や銀行株を中心に幅広い銘柄に売りが広がり、構成銘柄の9割近くが下落した。欧州株全体に売りが広がった。

 午前は上昇していた時価総額の大きい石油株が売りに転じ、全面安となったほか、鉱業株も半数が売りに転じた。

 銀行株をはじめ、金融株にも売りが膨らみ、軒並み安くなった。なかでも保険のセント・ジェームズ・プレイスや、アナリストが投資判断と目標株価を引き下げたダイレクトライン・インシュアランス・グループの下げが目立った。

 通信のBTグループや広告のWPPグループ、特殊化学のジョンソン・マッセイが大幅下落した。

 半面、鉱業のアントファガスタが高くなった。通年の業績が改善し、大幅な増配発表を好感した買いが入った。資源商社のグレンコアも上げた。

 自動車部品のGKNや、アナリストが目標株価を引き上げた配送のブンズルも堅調だった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム