2018年10月20日(土)

10/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  2. 2位: 新リース基準で負債急増 取引残高、116社で6.6兆円[有料会員限定]
  3. 3位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 続落、リスク回避の売り 上海株持ち直しで下げ渋る
  5. 5位: 三菱ケミHD、「脱プラ」ストローが吹き消すイメージ[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株13日 反落 9.05ポイント安で終了

2018/2/14 2:17
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は前日終値に比べ9.05ポイント安の7168.01で引けた。構成銘柄の半数以上が上昇した。

午前は前日終値付近でもみ合った。午後に買いが先行したものの、米株安に連れて下落して引けた。公益事業株と時価総額の大きいたばこ株、医薬関連株の売りが膨らんだ。一方で株価指数に寄与度が高い鉱業株が買われたため下げ幅は限定的だった。旅行関連株や内需株は買われた。

水道のセバーン・トレントと総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズが大幅安で引けた。たばこ株ではアナリストが目標株価を引き下げたたばこのインペリアル・ブランズの下げが目立った。同様にアナリストによる株式評価の引き下げを受けてファイナンシャル・サービスのハーグリーブス・ランズダウンと出版のRELXも安くなった。

医薬品株は全面安。医療のメディクリニック・インターナショナル、医療機器のスミス・アンド・ネフューも下げた。通信のBTグループは続落した。

半面、銅相場の大幅高を追い風に主力の鉱業株がほぼ全面高で引けた。なかでも資源商社のグレンコアやロシアの鉄鋼大手エブラズが高かった。

旅行のTUIを筆頭にイージージェットなど航空株、インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ、クルーズのカーニバルなどが軒並み上げた。TUIは四半期決算の発表とともに、トルコなどの予約数が回復基調にあるとの見方を示したことも好材料になった。

キングフィッシャーやマークス・アンド・スペンサー(M&S)など小売株や住宅建設株も軒並み上昇した。銀行株も堅調だった。個別銘柄では食品デリバリーのジャスト・イートと広告のWPPグループが高く引けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム