2018年5月25日(金)

5/25 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円、急伸はつかの間 「トランプ流」に慣れ[有料会員限定]
  2. 2位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  3. 3位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  4. 4位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  5. 5位: 東証前引け 小幅反発、米朝交渉継続に期待、円安進捗も後押し

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株13日 続落、20.99ポイント安で終了、鉱業株安い

2017/9/14 0:58
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落。前日終値に比べ20.99ポイント安の7379.70で引けた。鉱業株の下げが指数下落に影響する一方で、石油株の上げが下値を支えた。構成銘柄の約6割が下落した。

 銅の価格安を背景に、鉱業関連株は全面安だった。アントファガスタとアングロ・アメリカン、フレスニージョはそれぞれ3%超下がった。アストラゼネカなど医薬品株と、プルーデンシャルなど保険株も売られた。

 メディアのITVは、アナリストが株価目標と投資判断をともに引き下げたことが嫌気され下落した。鉱業・化学のジョンソン・マッセイと特殊化学のクローダ・インターナショナルの下げも目立った。

 半面、原油相場の上昇を受けて、石油のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは買われた。新たな航空券予約システムを発表した航空のイージージェットも上がった。顧客はこれにより他の航空会社の航空券購入が可能となり、長距離路線への乗り継ぎが容易になる。

 金融サービスのプロビデント・フィナンシャルとソフトウエア開発のマイクロフォーカス、住宅建設のバラット・ディベロップメンツの上げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム