最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株3日 大幅続落 米株安が波及

2019/12/4 2:21
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】3日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は大幅に4日続落した。前日の終値に比べ127.18ポイント安の7158.76で引けた。米株式市場の株安に伴い、午後に入り英株相場は下げ幅を広げた。資源株や金融株を中心に構成銘柄の9割が下落した。

トランプ米大統領が3日、訪問先のロンドンで記者団に対し、中国との貿易協議の合意に関して「期限は設けていない」などと交渉の先送りを示唆するような発言をしたことで協議の進展期待が後退した。投資家が運用リスクをとりにくくなるとの見方から売りが膨らんだ。

銅相場安を背景に鉱業株が下落した。なかでもロシアの鉄鋼大手エブラズが7%超安と大幅に下げた。石油株も売られた。銀行株をはじめ金融株にも売りが出た。米欧の長期金利が下落し利ざや縮小が意識された。外国為替市場でのポンド高を受けて医薬品株などの多国籍企業への売りも目立った。半面、リスク回避の買いで金相場は上昇したことから関連のフレスニージョとロシアの金銀生産大手のポリメタル・インターナショナルは上げた。景気動向に左右されにくいとされる公益株も堅調だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム