2019年2月22日(金)

2/22 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 豪ドルが乱高下 中国の豪石炭輸入禁止など受け[有料会員限定]
  2. 2位: カナダ公的年金、日本株ヘッジファンドに投資 数百億円[有料会員限定]
  3. 3位: 中国発 原油暴落ドミノ(大機小機)
  4. 4位: 10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速[有料会員限定]
  5. 5位: 日本株、出遅れ鮮明に 来期業績への不安拭えず[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株3日 反落 鉱業株とバーバリー安い

2019/1/4 1:57
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】3日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反落した。前日の終値に比べ41.57ポイント安の6692.66で引けた。構成銘柄の約7割が下落した。

米アップルが2日に中国での販売不振を理由に業績見通しを下方修正したことを受けて、朝方から英国を含む欧州各国の株式相場は売りが優勢だった。英国はその後上昇に転じる場面もあったが、午後に発表された米経済指標も軟調だったことから、世界景気の減速懸念があらためて意識され、再び下落した。金属の消費量が多い中国の景気懸念で鉱業関連株が軒並み値下がりし、株価指数を押し下げた。

ロシアの鉄鋼大手エブラズは7%超の下落と目立った。中国での販売不振が懸念されるファッションのバーバリー・グループも6%近く下がった。金融株も売られた。

半面、衣料小売りのネクストは4%超上昇した。クリスマス前の3週間の売り上げが良好だったことが好感された。スーパーマーケットのテスコとWMモリソン・スーパーマーケッツの上げも目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム