2018年9月19日(水)

9/19 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発で184ドル高 海外株上昇で安心感、米中摩擦の懸念広がらず
  2. 2位: ヤフー、米アルタバからの卒業で広がる投資家の目[有料会員限定]
  3. 3位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  4. 4位: NY商品 原油が反発、サウジが価格上昇を容認と伝わる 金は反落
  5. 5位: 米株、脱「貿易戦争」は本物か[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) -- --
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株12日 反発 39ポイント高 たばこ株大幅高に転じる

2018/9/13 1:02
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】12日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日11日の終値に比べ39.82ポイント高の7313.36で引けた。構成銘柄の半数以上は上昇した。

 午前に下げに転じる場面もあったが、午後には一段高となった。たばこ株は午前に売られていたものの、米食品医薬品局(FDA)による電子たばこへの取り締まりが予想ほど厳しいものではないと判断され、午後に急速に買い圧力が強まった。たばこ株の値上がりが株価指数の上げに大きく貢献した。

 たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコは6%近く買われた。インペリアル・ブランズも3%超上がった。石油と金属の価格が上昇したことから、資源株は全面高となった。BPと資源商社のグレンコアの上げが大きくなった。ファッションのバーバリー・グループの値上がりも朝方から目立っていた。

 半面、バークレイズなど銀行株は売られた。電力のSSEは、温暖な気候などを理由に上期の利益が前年同期と比べて半減するとの見通しを示し、8%超下落した。ガス供給・販売のセントリカも3%超下がった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム