2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株11日 小反落 5ポイント安で終了 鉱業株、たばこ株に売り

2018/9/12 1:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小反落した。前日10日の終値に比べ5.76ポイント安の7273.54で引けた。上昇・下落銘柄数は拮抗した。

 午後に一時、構成銘柄の8割近くが下落し、下げ幅を広げる場面があったが、引けにかけて同日の高値付近まで値を戻した。鉱業株やたばこ株などの大型株が売られ、指数を押し下げた一方で、時価総額の大きい石油株が上昇し、指数を下支えした。

 銅価格の下落に伴い、鉱業株が終日売られた。米中の貿易摩擦問題が懸念されるなか、鉱業株に売りが出やすい地合いが続いている。

 たばこのインペリアル・ブランズとブリティッシュ・アメリカン・タバコが安くなり、指数の下げを主導した。前日に外国為替市場で対ドルなどでポンド高が進んだことから、為替変動の影響を受けやすい多国籍企業の売りを誘った。銀行株と保険株も軒並み下落した。

 半面、建機・産業機器レンタルのアシュテッド・グループが5%超となり、大きく上昇した。四半期決算が大幅な増益となり、通期業績も予想を上回る見込みとの自信を示したことを好感した買いが入った。原油高を追い風に石油株は上昇した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム