2019年2月18日(月)

2/18 9:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,208.99 +308.36
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,190 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10日 連日の1カ月ぶり高値 銀行株上昇

2019/1/11 2:16
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続伸した。前日9日の終値に比べ36.24ポイント高の6942.87で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。

午前は売りが優勢だった。午後にかけて上昇に転じ、前日に続き2018年12月上旬以来、約1カ月ぶりの高値(終値ベース)で引けた。銀行株や石油株などの大型株が上げ幅を広げ、指数を押し上げた。

景気動向に左右されにくいとされる公益株に買いが集まった。なかでも電力のSSEの上げが目立った。

時価総額の大きい銀行株、石油株、たばこ株はそろって全面高となった。銀行株には、英国の長期金利上昇を背景に利ざや拡大を意識した買いが入った。スーパーマーケットのテスコはクリスマス商戦期の売上高が市場予想を上回ったことを手がかりに上げた。セインズベリーなどにも買いが波及した。IT関連株も上げた。

半面、利益確定などの売りで鉱業株が下落した。フレスニージョを除く全銘柄が下げた。高級ファッションのバーバリー・グループが安かった。アナリストが投資判断と目標株価を同時に引き下げたことが売り材料視された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム