2018年11月18日(日)

11/18 13:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10日 小幅反発 1.60ポイント高で終了 金融株が上昇

2018/9/11 1:02
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小幅ながら5営業日ぶりに反発した。前週末7日の終値に比べ1.60ポイント高の7279.30で引けた。

午後に入り、為替相場でのポンド高に伴い輸出企業銘柄に売りが広がり、下落に転じる局面があった。引けにかけて金融株への買いが株価指数を押し上げ、結局上昇して引けた。構成銘柄の半数以上が上昇した。

銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)とバークレイズが高くなり、指数をけん引した。欧州の長期金利上昇を背景に利ざや拡大を意識した買いが入った。保険株と資産運用株は軒並み上昇した。

アナリストが投資判断と目標株価を引き上げたWMモリソン・スーパーマーケッツのほか、ロンドン証券取引所(LSE)グループの上げが目立った。

半面、為替差損による影響が懸念され、時価総額の大きい多国籍企業のたばこ株や医薬品株が売られた。午前は買いが先行していた石油のロイヤル・ダッチ・シェルは売りに転じた。

投資会社のメルローズ・インダストリーズが4%強と大幅下落した。銅価格の下落を受けて鉱業株は終日軟調だった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム