ロンドン株10日 反発、40.11ポイント高で終了

2016/2/11 1:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日のロンドン株式相場は反発。FTSE100種総合株価指数は前日終値に比べ40.11ポイント高の5672.30で引けた。構成銘柄の約7割が上昇した。

金融株が買われた。保険のプルーデンシャルとアヴィヴァ、銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、資産運用のシュローダーズの上げが目立った。

航空のインターナショナル・エアラインズ・グループとイージージェットも上がった。テイラー・ウィンピーなど住宅建設株も上昇した。

決済処理のワールドペイ・グループは6%近く上がった。製紙のモンディも上昇。

半面、医薬品のヒクマ・ファーマシューティカルズは、買収を予定している独企業の米事業の通期売上高が想定を下回ったことなどから、売られた。

四半期決算を発表した半導体開発のアーム・ホールディングスも下落。複数のアナリストが目標株価を引き下げたことなどが響いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]