2017年12月13日(水)

12/13 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均2万3000円手前で足踏み 突破は銀行株が鍵に[有料会員限定]
  2. 2位: 資金ため込まない企業が増加 米国との差、依然大きく[有料会員限定]
  3. 3位: 8割が日経平均超え、日本株アクティブ型 相場復調追い風
  4. 4位: 「人生100年」の計 長寿に備える資産づくり[有料会員限定]
  5. 5位: 日立国際TOB “最恐”投資家に狙われたのは日立だった[有料会員限定]

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 22,866.17 -72.56
日経平均先物(円)
大取,18/03月
22,840 -50

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株11日 小反落 4.46ポイント安で終了 モンディが大幅安、銀行株などに利益確定の売り

2017/10/12 1:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小反落した。終盤にかけてもみ合い、結局前日終値に比べ4.46ポイント安の7533.81で引けた。製紙のモンディの大幅下落や、銀行株などに利益確定の売りが出て指数を押し下げた一方で、医療関連株が上昇したほか、午後に住宅建設株が買い戻され下値を支えた。

 製紙のモンディが8%近く下落し、下げを主導した。コスト高や為替変動の逆風などで通期の業績見通しが予想をやや下回るとの見方を示したことが売り材料視された。梱包材メーカーのスマーフィット・カッパ・グループも安かった。

 前日上昇した銀行株とたばこ株が利益確定の売りでそれぞれほぼ全面安となった。なかでも前日高く引けたロイズ・バンキング・グループとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の下げが目立った。同様に鉱業株も売りに押される中、BHPビリトンが安かった。

 アナリストが投資判断と目標株価を引き下げた衣料小売りのネクストが売られた。

 半面、総合ヘルスケアのNMCヘルスと医療機器のスミス・アンド・ネフューが高かった。医薬品株も堅調だった。アナリストが目標株価を引き上げたレジャー・外食のウィットブレッドが高く引けた。航空のイージージェットとインターナショナル・エアラインズ・グループも上昇した。午前は売られていた住宅建設株は買い戻されて全銘柄が上昇して引けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム