2018年1月24日(水)

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 24,124.15 +307.82
日経平均先物(円)
大取,18/03月
24,120 +330

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株11日 3日続伸 連日で最高値更新 資源株けん引

2018/1/12 2:21
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続伸し、連日で過去最高値を更新した。前日終値に比べ14.43ポイント高の7762.94で引けた。構成銘柄の半数以上が上昇した。

 資源株と銀行株が上昇し、指数をけん引した。一方で小売り関連株が売られた。

 堅調な金属相場を受けて主力の鉱業株が全面高。なかでもアナリストが投資判断と目標株価を引き上げたアングロ・アメリカンが高かった。3年ぶりの原油高を追い風に石油株も上昇した。

 午前は売りが先行していた銀行株は午後に買い戻された。欧州の長期金利が上昇したことで、利ざや拡大を見込んだ買いが入った。

 個別銘柄では食品デリバリーのジャスト・イートの上げが目立った。アナリストによる目標株価の引き上げが買い手掛かりになった。航空のイージージェットも午後に上げ幅を広げ、大幅上昇した。配送のブンズルも高くなった。米国の税制改革で2018年度のグループ実効税率が下がる見込みを示した。

 半面、小売りのマークス・アンド・スペンサー(M&S)が約7%安、スーパーマーケットのテスコは約5%安と大幅下落した。クリスマス期の売上高が市場の期待に届かず、失望売りが出た。他の銘柄にも売りが広がり、小売り関連株は軒並み下落した。

 住宅建設株は続落。前日発表になったデータで英国の新築市場の鈍化が示されたことが引き続き売り材料視された。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム