/

米国株、ダウ続落し66ドル安 米経済対策の不透明感で S&P500種とナスダックは最高値

【NQNニューヨーク=戸部実華】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比66ドル84セント(0.2%)安の2万7778ドル07セントで終えた。追加の経済対策を巡る米与野党の協議に進展がなく、米景気を冷やしかねないとの懸念が相場の重荷となった。ただ、主力ハイテク株への買いは途切れず、相場全体を支えた。

米与野党が経済対策で月内に合意できず、失業保険の増額や現金支給などが滞れば、消費を抑えるとの懸念が強まっている。小売り大手のウォルマートは18日に発表した5~7月期決算の説明会で「米政府の経済対策による消費促進効果が弱まっている」と説明し、売られた。百貨店やアパレル株にも売りが波及し、大手百貨店のコールズは15%安、メーシーズは8%安だった。

米債券市場で長期金利が低下し、利ざや悪化懸念からJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスといった銀行株が売られた。石油のシェブロンやエクソンモービルが下げたのもダウ平均の重荷となった。

ただ、業績が景気の影響を受けにくい主力ハイテク株が買われ、相場を下支えした。新しいラジオ配信を発表したスマートフォンのアップルが上昇。ネット通販のアマゾン・ドット・コムは4%高、検索サイトのアルファベットは3%高と上昇が目立った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比81.12ポイント(0.7%)高の1万1210.84と、連日で過去最高値を更新した。

ハイテク株がけん引し、多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も続伸した。前日比7.79ポイント(0.2%)高の3389.78と、2月19日以来、半年ぶりに過去最高値で終えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン