/

米国株、ダウ続落し165ドル安 中国関連に売り ナスダックは最高値

【NQNニューヨーク=川内資子】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。連休前の14日に比べ165ドル89セント(0.6%)安の2万9232ドル19セントで終えた。17日に新型肺炎の影響で1~3月期の売上高予想を達成できないと発表したスマートフォンのアップルが下落した。発表を嫌気し、半導体関連株や中国売上高が大きい銘柄にも売りが波及した。

アップルは新型肺炎に関し、中国の販売と生産の両面で影響があったと説明した。同社と取引のあるクアルコムなど半導体株が総じて下げ、アプライドマテリアルズなど半導体製造装置株もそろって売られた。中国の通信大手、華為技術(ファーウェイ)について「取引がある米企業に対して米政府が輸入規制の拡大を検討している」と報じられたのも半導体株の重荷となった。

アップル株の連想で、中国売上高が大きい化学のダウやスポーツ用品のナイキも売りが優勢だった。米長期金利の低下を受け、利ざや縮小の観測からゴールドマン・サックスなど金融株の下げも目立った。

ダウ平均は昼前に281ドル安まで下げたが、午後に下げ幅を縮めた。四半期決算と同時にネット通販の採算改善見通しを示した小売り大手のウォルマートが1.5%上げ、ダウ平均を支えた。医療保険のユナイテッドヘルス・グループも高い。

ナスダック総合株価指数は小幅ながら続伸し、過去最高値を更新して終えた。終値は1.567ポイント高の9732.743。アップルは下げたが、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックなど他の主力株がいずれも上昇。アナリストが目標株価を引き上げたエヌビディアも2%強上げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン